石の入れ替え

2018年9月21日金曜日

a0238314_13534723.jpg
雨模様の日が続きました。谷あいにある集落は陽がささなくて、ずっと暗い感じ。周囲の山をすっぽりと覆うような低い雲が、風に乗って集落にも煙のように下りてきます。土が乾く暇がないので、なかなか農作業も進みません。9月前半は雨の止み間を縫うようにして、秋・冬の野菜の種まきや苗の植え付けをしました。
a0238314_13540314.jpg
a0238314_13542606.jpg
予定していた作業がなかなかできないかわりに、テラスから裏庭に出る部分の石を取り替えることにしました。この部分、テラスの屋根に降った雨が流れ落ち、小さな水路へと導かれる水の通路の役割を果たす場所です。石を取り除けば、基部はコンクリートで固められ、水がうまく流れるように傾斜がついています。これまで敷地内から出た大きめの石をごろごろ置いてあったのですが、実際に生活してみるとテラスから庭に出る頻度が多いのに足元が不安定なことが気になっていました。もう少し小さめの石を入れようか~と思い立って、すぐに実行。こういう作業は即日とりかからない限り、永遠に後回しになりそうで。
ホームセンターで石を選んでまずは2袋買い、端っこのほうで従来の石と置き換えてみました。色味や大きさなど良さそうだったので、再びホームセンターに行って16袋。1袋が15㎏ですから、持ち帰ってテラスに運ぶのはなかなかの重労働となりました。これまであった石をすべて取り除き、基部を掃除をしてから小石を入れる作業を汗だく、泥まみれで終えました。新しく入れた石がすこし汚れたり苔がついたりすれば、まわりの雰囲気とも馴染んでくるはず。何よりもつまずく心配がなくなったことが一番です。

# by kouribakokara | 2018-09-21 14:07 | | Comments(0)

ルンコちゃん

2018年9月14日金曜日

a0238314_10201500.jpg
古民家に移ってから「なんとかしたい」と思い続けていたことがひとつ、それは掃除の大変さです。家の内外がゆるやかにつながっている田舎の暮らしでは、菜園仕事や薪仕事などで私たちが出入りするたびに土や木屑などをどうしても家の中に持ち込んでしまいます。ことに冬の間は薪を運び入れるたび、わが家の黒っぽい床にぽろぽろと色々なものが落ちて目立つこと、目立つこと。木の床を埃だらけにしておくのは偲びなく、かと言って掃除機をかけて拭き掃除まですると、私の1日のエネルギーがすべて失われてしまうようでした。
一年以上考えて、ついにお掃除ロボットを買いました。ロボットには掃除機的役割を果たすものと拭き掃除用のものがあり、それも迷った末に掃除機タイプのものにしました。うちの床は浮造りなのでモップで拭いてもきれいにならず、私はいつも古風な雑巾がけをしています。たぶん拭き掃除ロボットでも結果はモップと同じでしょう。これからも雑巾がけは私の担当です。
お掃除ロボットは私が安易に「ルンコちゃん」と命名し、携帯電話に連携させて操作できるようにしました。なので、外出先からも掃除の指令を送ることができます。段差のある場所はセンサーで感知して落ちたりしないし、掃除が終わったら掃除した場所の図を携帯で見ることができます。菜園で仕事をしたり翻訳をしているうちにルンコちゃんはお掃除。これはもう想像していた以上に助かります。物理的な面だけでなく、気分的にものすごく。しかし、たまに床に置いてあったラグの端を巻き込んだりすると動けなくなるようで、携帯にはルンコちゃんが「助けを求めています」というメッセージが入ってきます。

# by kouribakokara | 2018-09-14 10:28 | Comments(0)

三井寺

2018年9月12日水曜日

a0238314_08590391.jpg
台風21号が頭上を通り過ぎていきました。台風の目に近すぎたせいか20号の時ほど強風ではなく、わが家では倒木も畑の被害もありませんでした。ただ東側にわずか数キロほど離れた地域では相当な被害が出て、台風の翌日・翌々日に街を車で走った時にその爪跡にむしろ驚いた私でした。
先日、暴風雨でなぎ倒された木々を車窓に見ながら、妹夫婦といっしょに滋賀県守山にある佐川美術館へ田中一村展を観に出かけ、昼食後は琵琶湖大橋を渡って三井寺へ。
三井寺を訪ねるのはほぼ半世紀ぶりで、前回は小学校高学年の時でした。私の通っていた小学校と三井寺の傍の小学校が姉妹校で、5年生になるとペンパル(すでに昔の言葉だ・・・)を決められて文通が始まり、小学校を相互訪問する遠足もありました。私たちが訪問した時のお弁当の時間には校内でも三井寺でも好きなところで食べて良いと言われ、私はペンパルに連れられて三井寺に出かけました。鬱蒼とした木々に囲まれた広い境内を自由に走り廻り、渋いお寺の建物を見ながらお弁当を広げた時の記憶はとても鮮明です。それにしても、当時は小学生の出入りが自由で拝観料などなかったのでしょう。今回は拝観料を払い、ゆっくりと天台宗の古刹を味わってきました。
a0238314_09103563.jpg
近江八景のひとつ「三井の晩鐘」。実際の鐘の音が聞いてみたくて、撞くことにしました。鐘撞きにはけっこうな力が要るものです。音は思っていたよりも低音で、長く静かな心地よい響きでした。三井寺から見覚えのある小学校を見降ろしながら、彼女はどうしているかしらと長い長い年月が過ぎたことを感じました。

# by kouribakokara | 2018-09-12 09:14 | Comments(0)

台風21号を待つ朝です

2018年9月4日火曜日

a0238314_10003114.jpg
台風21号の到来を控えた朝の空です。昨日から軒下のスダレをすべてはずし、敷地内を見回って台風直撃に備えました。街に住んでいる時と違い、何が起きるのかちょっと不安です。が、淡々と台風に備えて作業されている近所の方たちの様子を見たら、自然と隣り合わせで暮らすには知恵と根気だけでなく、ある種の覚悟と諦めも要るように思います。
以下は最近の食卓から。庭や畑から採れる食材を手を変え品を変え料理して、今年は夏野菜のレパートリーがすこし増えたかも。
これから台風が過ぎるまでおこもり状態なので、早めに収穫した野菜で何か料理でもしながら過ごすことにしましょう。
(写真は茗荷のひとくち寿司、ゴーヤだらけの冷製パスタ、ナスのカプレーゼ)
a0238314_10014918.jpg
a0238314_10051113.jpg
a0238314_10060892.jpg

# by kouribakokara | 2018-09-04 10:18 | Comments(0)

重いもの、軽いもの

2018年8月30日金曜日

a0238314_16002425.jpg
台風で中断した琵琶湖西側のドライブの話の続き。
といっても、どこに行ったとか何を見たとかではなく、夫と私がそれぞれに探していたものを見つけてきた話です。
夫が見つけたのはこれ、石臼です。花折れ峠近くの古道具屋さんで。実は我が家には敷地にころがっていた石臼がいくつかあるのですが、どれも実際に使うにはかなり修理が必要なものばかり。ところが今回見つけた石臼は、臼を回す持ち手を(写真の臼の正面にある切れ込みの所に)取り付ければすぐにでも使える状態でした。それにこれまで見たものより、すこし大き目。夫はなぜか自分で大豆や麦を育てて自分で粉にしたいらしいのです。石臼を嬉々として車に積み込み、持ち帰ってからはきれいに洗って丈夫な木を持ち手にし、家にあった麦を試しに挽いてみました。挽いてみて初めて知ったのですが、臼というのは時計と反対に回すのですね。そして石と石の間にものが入ると、臼は拍子抜けするほど軽やかに廻るものなのです。ゴリゴリという石が擦れ合う音がしてしばし、下の石に刻まれている溝からとても細やかな粉が外に落ちてきました。石臼のことをオブジェとしていいなと思っていた私でしたが、今だ現役の道具だということに驚きました。
a0238314_16121636.jpg
私が見つけたのはこれ、骨董の珉平焼きの小皿です。珉平焼きは19世紀に淡路島にあった窯で、明治期半ばにはなくなってしまいました。黄色や緑、青の鮮やかな釉薬が特徴で、以前から欲しいと思いつつも、市場に出るとけっこう高価なうえに陶器なので欠けているものも多く、ずっと探してきた焼き物でした。今回、琵琶湖北岸の骨董屋で見つけ、5枚求めてきました。手の平に乗るほどの小さなお皿ですが、大きくてすごく重い石臼のお値段の2倍余り。古いものの値段とは、適当というか不思議なものです。

# by kouribakokara | 2018-08-30 16:24 | Comments(0)

台風20号の後始末

2018年8月26日日曜日

a0238314_09332891.jpg
a0238314_09333795.jpg
a0238314_09334436.jpg
この2日、台風20号が過ぎ去ったあとの片づけに追われました。暴風雨の一夜が明けると、あぁ、やっぱりねー。
夜半、メキメキとかバリバリという音がどこかでしていたと思ったら、ヒバの大きな木が1本、根こそぎに倒れていました。ちょうど鶏小屋すれすれに倒れ、小屋は無事。烏骨鶏たちは怖い思いをしたことでしょう。大きく育っていたミモザは折れていなかったものの、お辞儀したように曲がっていました。強い風を予想して三方からシュロ縄で固定していたのですが、紐は切れ、支えの竹は折れていました。畑もトマトやキュウリ、ツルムラサキが倒れ、万願寺やシシトウ、ナスなどの支柱もはずれていました。
台風が過ぎたばかりの24日は、集落の地蔵盆の日。お地蔵様にお供えをして、男性陣は昼過ぎまでお地蔵様のお堂のなかで酌み交わしていましたが、その日の夕方そして昨日は集落中にチェンソーの音、トタン屋根を修理する音などが響き、どこの家も後片付けに追われているという雰囲気でした。わが家も夫がチェンソーを持ち出し、倒木の枝をはらい幹を輪切りにして、鶏小屋周辺を片づけました。倒木は薪に。ミモザは引っ張り起こして新しい支えをつけ、茂っていた枝葉をすこし刈りこんで上部を軽くしました。畑の倒れた支柱もすでになっている実を傷つけないように起こし、敷地中に落ちている枝を拾い、遠くに吹っ飛んだ薪棚のトタン屋根を戻しました。
a0238314_09341229.jpg
昼間の労をねぎらってくれるかのような、昨夜のきれいな月。満月に近いようで、澄んだ夜空に輝いていました。蚊取り線香を焚いて、庭で涼しい夜風に吹かれつつ、アイスクリーム片手のお月見。暑い暑い夏だけど、やっぱり出口に向かっているような気がする夜でした。

# by kouribakokara | 2018-08-26 09:49 | Comments(0)

比良あたり

2018年8月21日火曜日

a0238314_16362015.jpg
a0238314_16365089.jpg
奥琵琶湖の帰路、白髭神社近くまで南下して鵜川四十八体仏へ。室町時代に六角義賢が母親の菩提を弔うために造ったと伝えられる花崗岩の阿弥陀如来像です。他に移されたり盗難にあったりして、今も鵜川にあるのは三十体余り。仏さまたちはいずれも優し気な表情ですが、高さは1.5m以上あって、ずらりと同じ方向を向いて丘の斜面に並んでいる様はなかなかに壮観です。数百年間に修行僧や旅人、落ち武者などいろいろな人が手を合わせ、願い事をして通り過ぎて行くのを見てきた石仏です。
a0238314_16391083.jpg
a0238314_16394089.jpg
その後また少し北上し、朽木村から鯖街道に入りました。かつて修験道者がさかんに往来した観音寺、花折峠を経て和邇方面へと下り、小野神社へ。小野氏が湖西を本拠地とした記録は『古事記』にまで遡れるとのことで、6世紀末には小野妹子、9世紀には小野篁(たかむら)、10世紀には篁の孫の小野道風と多くの文人を輩出した一族です。その氏神社である小野神社、人影はなく蝉の声が響いて、ご神田では稲(糯米)が午後の熱風に揺らいでいました。国の重要文化財の社殿にお参りし、ゆっくりと美しい建築を眺めてきました。

# by kouribakokara | 2018-08-21 16:48 | | Comments(0)

奥琵琶湖

2018年8月18日土曜日

a0238314_11150242.jpg
お盆前のこと、琵琶湖の西岸をドライブし、以前から行きたかった奥琵琶湖に足を延ばしました。琵琶湖西岸の道を和邇(わに)あたりから北上するにつれ、昔へ・・・それも明治期とか江戸期ではなく、ひとっ飛びに飛鳥時代や古墳時代に戻って行くような気分になるのは、白洲正子の『近江山河抄』のイメージが私の頭のなかで膨らんでいくからなのでしょう。でも、高島を過ぎたあたりからは観光地としての琵琶湖はすっかり姿をひそめ、湖の色も空気感も変わっていくのは確かです。
a0238314_11165201.jpg
a0238314_11182370.jpg
a0238314_11310103.jpg
琵琶湖北端にある菅浦温泉で1泊し、翌朝涼しいうちに「隠れ里」の菅浦集落に出かけました。菅浦は鎌倉期以降に形成された自治的な「惣村」で、今も集落の東西に出入口を示す「四足門」が残っています。戦乱や盗賊から自衛するための惣ですから、この門で部外者の立ち入りを監視していたとのこと。西側の門のそばには長くゆるやかに上る参道の奥に須賀神社があって、参拝途中にふり返ると木立の間から入り江の静かな湖面が見渡せました。神社はとても立派な造りで、本殿への参拝は靴を脱いで苔むした石段を上がるよう指示されています。そんなところからも、惣村の精神的な支えになってきた信仰と決まり事の厳格さが感じられました。
それにしても、ふだんから都会と一線を画して暮らしながら、旅先も人の集まらないところばかりに行きたくなるのはどうしてでしょう。

# by kouribakokara | 2018-08-18 11:36 | | Comments(0)

お盆休み

2018年8月13日月曜日

a0238314_20284189.jpg
向日葵の花が咲きました。春に友人からもらって植えた3粒の種のうちの1粒がうまく発芽して成長し、2.5m余り。軒先にも届きそうなほど背丈が伸び、お盆の今朝、ぽっと鮮やかな黄色の花が開きました。この向日葵、石巻市立大川小学校ひまわりプロジェクトの種でした。種にこめられたたくさんの思い・・・嬉しいような切ないような気持ちです。
a0238314_20310938.jpg
この写真は11日、奥琵琶湖の永原という小さな駅近くの黒山石仏群で朝9時半ごろに撮ったもの。ちょうど地域の婦人会の方たちが、石仏の前垂れを新しく縫ったものに替える作業をされていました。観光客などほとんど来ない東光院という小さなお寺で、石の仏様たちのために地域が長年続けているお盆の準備。そこでは、この世とあの世が今もゆるやかにつながっているようでした。
「お盆休み」とは本来、ご先祖様を迎えてもてなし再びあの世に送り出すために仕事を休む数日だということを思い出させてくれた最近の2つの小さな出来事。

# by kouribakokara | 2018-08-13 20:59 | Comments(0)

猛暑がひと段落

2018年8月9日木曜日

a0238314_12215802.jpg
立秋の声を聞いたとたん、猛暑はひと段落。やっぱりクーラーがなくても暮らせるわ~と少し生気を取り戻したところです。
この半月、鶏小屋ではいろいろあって、9羽いた烏骨鶏は6羽に減ってしまいました。原因のひとつはヘビ。ひな鳥2羽が2日続けて夜中に鶏小屋に侵入したアオダイショウの犠牲になりました。ことの顛末は、真夏の夜のホラーストーリーみたいなので省略。
そしてつい昨日のこと、リーダー格の雄鶏1羽が急死しました。2日前まで元気にしていたのに、急に調子悪そうな様子となり、自然回復するかと期待していたのですが・・・原因はわかりません。烏骨鶏がわが家にやってきて丸1年、すくすく元気に成長し暮らしていた鶏たちだったので、こんなことになるとは思ってませんでした。しかし残った6羽は変わらず元気で、これまでぼんやりしていた2番手の雄鶏がちゃんと群のリーダーをやっています。
大雨のあとの猛暑で、畑の土はなにやらゴワゴワのまま。水を撒いたり鶏糞や堆肥を入れたりしながら、もとのようなサクサクの土になるのを待っているところです。敷地内の木々にはいろいろな実がつき始めました。(写真はブルーベリー、ゆず、栗、綿の花)

# by kouribakokara | 2018-08-09 14:14 | Comments(0)

干して干して

2018年8月1日水曜日

a0238314_09461839.jpg
猛暑の勢いは陰ることがありません。明日こそせめて平年並みの気温に・・・と願いながら、すでに半月以上。この青空は恨めしくさえなるけれど、梅干のあとも照り付ける陽光を利用して次々に食材を干しています。
a0238314_09473147.jpg
a0238314_09474257.jpg
a0238314_09474909.jpg
まずは茂りすぎた柿の葉。今回はじめて柿の葉茶にしてみました。さっと洗って2日間乾燥させた後、葉を適当な大きさに刻み、軽く蒸してからまた屋外で乾燥。たくさん採れるキュウリとニンジン、ナスは切って塩もみし、水気を絞って日なたで乾燥。数時間干したら油で炒め、胡麻とニンニクで下味をつけて保存しておけば、チャプチェにしたり海苔巻きの具にしたり。
ミニトマトも半分に切り塩をふって干しています。こちらは数日干して、ドライトマトにしようかと。買えば高いけど、作るのは簡単です。
何もしなくてもどのみち暑いのならば・・・と汗をかきかき、こんなことをして暮らしています。

# by kouribakokara | 2018-08-01 09:53 | | Comments(0)

梅干

2018年7月27日金曜日

a0238314_19344196.jpg
梅干作りの最後の仕事は、3日間の天日干し。連日の猛暑のおかげで空模様を気にすることもなく、梅を干すことができました。50日余り塩漬けしていた5kg分の梅の実を朝一番に竹かごに並べ、陽当たりの良い屋外に出しました。昼頃に梅をひとつひとつひっくり返し、また夕方まで干し続けます。ぷっくりと大きな梅の実は、初日はまだ黄色みを帯びて果物のようでした。
a0238314_19352837.jpg
a0238314_19402523.jpg
それが陽光のもとで少しずつ淡いピンク色に変わり、3日目の昨夕、ついに梅干ができ上りました。今年はなかなか良い出来のような気がします。瓶に詰めていたら、外は突然の夕立。作業の終わりを待っていてくれていたかのような半月ぶりの雨音でした。

# by kouribakokara | 2018-07-27 19:52 | | Comments(0)

大暑

2018年7月23日月曜日

a0238314_09420783.jpg
暑中お見舞い申し上げます。
私たちもこの家で3度目の大暑を迎えました。エアコンがないわが家では、日中の時間が身に染みて厳しいこの頃です。エアコンを取りつけないと暮らしていけないかなぁという思いが時々頭をよぎりますが、夕方になると急速に気温が下がり、いやいや、このままでも大丈夫と思い直す日々。夜間、窓から入る山の新鮮な冷気で心身ともに回復し、翌日の日中をなんとか凌ぐという繰り返しです。
エアコンをつけない理由はなるべく自然な暮らしをしたいということと、エアコンを取り付けることで古民家の内観・外観が損なわれるということ。体調に支障が出れば気がかわるかもしれないけれど、今のところ暑さより自分の主義と趣味が勝っているということでしょう。
大暑に旬をむかえる食材のひとつ、きゅうりがうちの菜園でもたくさん採れ始めました。小さいの、曲がったの、傷ついたの色々ですが、十数センチの小さめで採り、冷やして梅味噌につけて丸かじり。きゅうりの水分で元気をもらっています。

# by kouribakokara | 2018-07-23 09:49 | Comments(0)

熱波の記憶

2018年7月17日火曜日

a0238314_08492174.jpg
写真は、先日の大雨で通行止めとなっていた近所の道の崖崩れ現場。カンカン照りの陽ざしに晒された山肌を見上げると、ほんの十日ばかり前のあの降り止むことのなかった豪雨が白昼夢のようです。
37度、38度という気温は2002年5月のバングラデシュ以来。私はダッカに居て、ニューヨークへの引っ越しを6月に控えた忙しい時期でした。夫は長期出張で不在、現地の運転手さんが肝炎に倒れ、日々の買い物や用事を自分で運転してこなしていたのですが、間が悪く自家用車のクーラーが故障して修理をどうしたら良いのかわからないまま。渋滞のひどいダッカでは車の窓を開けての運転はできません。停まった車の窓がすこしでも開いていれば物貰いの手が容赦なく差し込まれ、道端で行商する人が押し寄せ・・・そんなわけで、窓を閉め切った私の車はちょっと走るだけで室内が40度を軽く超えました。目的地に着いて汗だくで車から降りた瞬間、熱波に包まれたダッカの空気さえ涼しいと感じた懐かしい記憶です。あの年、ダッカはもちろんのことインドやパキスタンで熱波によって多くの死者が出ました。
a0238314_08500608.jpg
先日、裏庭の池で咲いた蓮の花。そういえば、ダッカのグルシャン・レイクの淀んだ水にもたくさんの蓮の花が咲いていたんでした。

# by kouribakokara | 2018-07-17 09:06 | Comments(0)

警報解除の翌朝

2018年7月10日火曜日

a0238314_20281552.jpg
すべての気象警報が解除された翌日は、朝から嘘のような快晴となりました。青い空を見上げてほっとすると同時に、雨の降る前には予想もしていなかった厳しい現実に打ちひしがれている人がたくさんいることを思えば、気持ちはなんとなく晴れません。人間が地球温暖化を招いた結果としてスーパー台風や集中豪雨など異常気象が発生するのであれば、今回のことは天災というよりは人災でしょう。こんな災害が頻発するとしたら、次世代が生きていかねばならないこれからの世界が心配です。
a0238314_20282646.jpg
うちの集落に続く道もようやく通行できるようになったけれど、久しぶりに通ってみれば山肌には倒木がたくさん、川も増水して流れが速く、土砂崩れを起こして土嚢が積みあげられている所もありました。しばらくは油断なく運転しなければと思っています。

# by kouribakokara | 2018-07-10 20:36 | Comments(0)

通行止め

2018年7月6日金曜日

a0238314_09570856.jpg
降り止まない強雨。私の住む集落に通じる細い県道は東行き、西行きともに昨日から通行止めになったとのことで、車の姿はありません。夫が「この先の住人です」と通してもらって帰宅した折りには、大きな杉の木が道路に横たわっていた箇所もあったとのこと。崖崩れの跡がなかったことから、その木は先ごろの地震で倒れかけていたか弱っていたのが風雨で下まで落ちたのかもしれません。ともあれ、ここに移り住んで2年弱、通行止めで集落が「孤立」したのは初めてのことです。といっても、ふだんから「自立」してゆるやかに外とつながっている集落なので、ご近所の雰囲気はいつもと変わりません。違うのは集落の消防団の方たちが警戒を続けていることとと、ふだん格納庫に入っている村の小さな消防車が外に出ていることくらい。
わが家でも家の敷地や周囲を見て回りました。先日の地震や今回の大雨を経験し、去年の6月に石垣の修復をしておいて良かったとあらためて思います。畑のほうは植え付けたばかりの苗が雨に打たれて倒れてるし、畝の間は水浸し。それでもひと回りする間に丸ナスやミニトマト、インゲンなどを収穫しました。
(写真は集落の中を流れる川。水量はふだんより少し多め、流れもすこし速めですが、いつもと変わらない朝の風景。)

# by kouribakokara | 2018-07-06 10:02 | Comments(0)

めまぐるしく

2018年7月4日水曜日

a0238314_08333781.jpg
a0238314_08332708.jpg
地上のどこでも同じように時間と季節が巡っているはずなのに、ここに暮らし始めてからは刻々と、というか息苦しいくらいにそれを意識するのは、周囲の自然や生き物が鮮やかに現れては消えていくのを目撃するからのようです。
夜の蛍が2週間で姿を消し、田んぼの稲は驚くばかりの速度で背丈を伸ばしています。わが家の雑草も草刈りから10日もすればもと通り。5月半ばに生まれた烏骨鶏のヒナたちはすでに私の手のひらより大きくなって、鳴き声だけはピヨピヨとかわいいものの、体型や顔つきは若鶏のようにたくましくなってきました。夫が作った池にはカエルが住みつき、水中にはオタマジャクシがいっぱい。農道を横切る長いヘビや古民家の壁にはりついたたくさんのカタツムリ・・・生物の気配がそここにある季節です。
a0238314_08335966.jpg
先日、農具を置いている納屋の軒下でトックリのような形の蜂の巣を見つけました。出入りしていたのはキイロスズメバチ。巣が丸い形になっていないのはまだ働き蜂が住みついておらず、巣作りの初期だからのようでした。見事な造形だけれど、毎日使う場所なので早めに巣を落としました。
a0238314_08340733.jpg
家のテラスでは虫を追いかけて飛んできたツバメやシジュウカラがガラスの掃き出し窓に激突することが増えています。脳震盪程度であれば15分ほどで意識が戻って飛んでいくのですが、何羽かは可哀そうに命を落としてしまいます。写真のシジュウカラは最初は仰向けにひっくり返っていたけれど、しばらくして身体を起こし朦朧としていた後、はっと正気付いたのか飛び立っていきました。

# by kouribakokara | 2018-07-04 09:03 | Comments(0)

2018年6月27日水曜日

a0238314_11504129.jpg
夏至が過ぎ、昼間は本格的な暑さになってきましたが、夕方になるとひんやり心地よい山あいの暮らしです。
a0238314_11515729.jpg
春に植え付けた野菜も次々に実をつけて、食卓にのり始めました。この2年ほど菜園をして思うのは、野菜を育てることもさることながら、収穫の時期を見きわめることの難しさ。もうちょっと採らずに置いておけば大きくなるかも・・・と思って一番おいしい時期を過ぎてしまったり、次の実が育たなかったりということもしばしば。わが家の土壌で育つ有機野菜は市販の野菜ほど大きくならないので、収穫には「勘」が必要です。でもその勘が長年の消費者暮らしで鈍ってる・・・その点、カラスやアライグマは野菜がいつ美味しくなるのかほんとによく知っていて、先を越されたり。土を耕すということは、本来備わっているはずの動物的な勘を取り戻すということのような気もします。(写真は畑のメークイーン、フェンネル、インゲン、シシトウ、トマト、キュウリ)

# by kouribakokara | 2018-06-27 11:55 | Comments(0)

大阪北部地震

2018年6月20日水曜日

a0238314_09531670.jpg
18日の朝起きた大阪北部地震。洗濯物を干そうとテラスに出たとたんのことで、ドーンと大きな縦揺れが一度あり、ガタガタと家の建具が振動する音に続いてようやく携帯電話の地震警報が鳴り始めました。でも横揺れはそれほど続かず、すぐにいつもの静かな集落の朝が戻りました。このあたりは震度5弱でしたが、物が棚から落ちることもなくて、幸いにして伝統工法の石場建て古民家はびくともしませんでした。あとで母や妹と電話で話したりFBで北摂地域の友人の状況を知って、予想外に大きな被害が出たことに驚きました。
2011年3月の東北での大地震を私は横浜のマンションの2階で経験しました。立っていられないほど激しく長い横揺れもさることながら、その後の1カ月近くは原発事故による空気や水の汚染、毎日のようにあった余震に神経が疲れ、スーパーやコンビニからまたたく間に食品が消えて、街に住むことの脆弱さをいやというほど思い知ったのでした。
自然災害の多いこの国でいまだに都市部がどんどん肥大し、高齢者が駅近くに移り住み、津波のある沿岸部に高層マンションが建設され続けている現実はいったいどういうことなのか、行政も不動産業者も消費者も真剣に考えないといけないと思います。

# by kouribakokara | 2018-06-20 10:06 | Comments(0)

6月の風物詩

2018年6月15日金曜日

a0238314_10173329.jpg
梅雨に入り、庭の紫陽花が色づいてきました。このあたりの土壌は酸性らしく、ピンク系の紫陽花は見たことありません。うちの花も青色ばかりです。野の花が少なくなって緑が濃くなる今ごろ、紫陽花とつゆ草が庭に彩りを添えてくれます。
a0238314_10184140.jpg
久しぶりに母を連れ、池田市の山間部にある久安寺に出かけました。歴史の長い真言宗のお寺には、国の重要文化財の楼門と四季折々の花が咲く庭があります。緑色のもみじの木陰に色とりどりの紫陽花とドクダミの白い花が咲いていました。
a0238314_10192637.jpg
夕方、冷蔵の宅配便が届きました。何か頼んだかしら・・・と開けてみれば、この春、和歌山の梅農家に注文していた完熟梅。そんなことすっかり忘れていたけれど、去年スキップした梅干しの仕込みを今年はまたしようと思い立って頼んでいたのでした。我が家の梅の木は苗を植えて2年目。この春はたくさんの花が咲いて一度は盛大に小さな実がついたものの、その実を育てるほどの力はまだないらしく、葉が茂ると同時に実はほぼ落ちてしまいました。自分の家の梅の実で梅干しを漬ける日はいつかしら・・・横浜で一緒に梅干しを漬けてた友人も今ごろ梅仕事をしているかな・・・そんなことを思いながら、さっそく仕込みをしました。

# by kouribakokara | 2018-06-15 10:27 | Comments(0)

2018年6月10日日曜日

a0238314_21334639.jpg
日暮れが遅くなりました。晴れた日なら7時半ごろでも薄明るく、蒼い夜空に星が輝いています。
このあたり、昔はたくさんの蛍が飛んでいたそうですが、最近は農薬や気候変動による豪雨などの影響もあって、あまり居なくなったと聞いていました。去年はこの集落で蛍に出会うことはなく、夏は過ぎていきました。
昨日のこと、夕飯後の片づけも終わって、なぜかふと「いないとは思うけど、蛍をさがしてみよう・・・」と思ったのは、後から考えるとほんとうの「虫の知らせ」。
a0238314_21340303.jpg
玄関から農道への狭い道へと30mも歩かないうちに、目の前をほわーんと小さな光が横切っていきました。今のは?と思ったとたん、すぐにまた小さな光がふら~りと現れ、川の方へ。見渡せば、いつの間にか暗闇に包まれた集落のあちらこちらに小さな力強い光が点滅していました。田んぼの上にも、わが家の庭先の柿の木にも、川沿いの茂みにも・・・。カエルの盛大な鳴き声と川の水音を聞きながら、しばらくの間、蛍の光に見とれました。(上の写真の左側にかろうじて撮れた蛍の光)

# by kouribakokara | 2018-06-10 21:44 | Comments(0)

ついに巻いた~♪

2018年6月4日月曜日

a0238314_11132140.jpg
晴れた日は夏のような陽ざしのこの頃。菜園の世話も草抜きも日中をさけてしています。
1カ月前のブログにも載せた「巻かないキャベツ」。数十年の間、農業を営んできたご近所のおばあちゃんに相談したら、私の菜園まで見に来てくださって「下葉をとったら巻きますよ」との助言。下葉って何ですか~と言いながら、しゃがみこんでキャベツの下部をよく見たら、なるほど太い茎からいくつか細い茎が生え、その細い茎に葉が茂っていました。これを放置しておくと肝心の中心部分に行かねばならない栄養が枝葉に摂られてしまい、なかなか結球しないらしいのです。枝葉を除去したらなんともやせ細った姿の苗に逆戻りした私のキャベツでしたが、日を追うにつれて徐々に中心部が巻いて来て、最近急速にこんな姿に。これはもう、正真正銘のキャベツです。
a0238314_11144586.jpg
下葉をとるなんてこと、私の手元にある参考書には一言も書いてありませんでした。初めて種から育てたキャベツなので、成長を見るのが嬉しいこの頃。セルトレーに種まきして苗を作り、それを去年11月初旬に畝に植え付けてからもう7カ月。こんなに時間がかかるなんて、と自嘲気味に笑ったら、おばあちゃんが真顔で「野菜は時間がかかりますよ。待つ時間が長いんですよ。」と言われました。野菜を買う側にいた時はそんなこと全然わかってなかったけれど、今はスーパーや道の駅や無人の野菜販売所などで野菜を目にするたび、どこでだれがどのように育てたのかしらと必ず考えるようになったのは、野菜の無言の教育力だと思います。

# by kouribakokara | 2018-06-04 11:23 | Comments(0)

収穫期のもの

2018年5月27日日曜日

a0238314_16541235.jpg
昨年の晩秋に苗を植えた玉葱が収穫期を迎えました。地上の葉が倒れると、収穫の合図。今年の赤玉葱は予想外に立派に育ち、スーパーに並んでいるのと変わらない大きさになりましたが、白玉葱は大小さまざま。大きめのエシャロットと見まがうほど小ぶりなものもありました。でもどれも味は瑞々しい。鯵のお刺身とともに三杯酢で食べたり、ざくざく刻んだ玉葱とチーズを巻き込んだパンを焼いたりして楽しんでいます。
a0238314_16550525.jpg
絹さやも先週から採れるようになりました。化成肥料を使わないのと、まだ畑として2年しか経っていない土壌のせいで小さめですが、甘味はたっぷり。まもなくスナップエンドウも採れそうだしインゲンも成長してきているので、当分わが家では豆だらけの献立になりそうです。
a0238314_17020113.jpg
a0238314_17034286.jpg
去年植え付けた朝倉山椒、初めて実を収穫しました。口に入れるとさわやかにしびれます。
勝手に生えている野イチゴを採るのも最近の朝の楽しみです。

# by kouribakokara | 2018-05-27 17:12 | Comments(0)

叔父の骨董

2018年5月21日月曜日

a0238314_20561583.jpg
先日のこと、叔母が「家の中をすこし整理したから・・・」と、叔父がかつて収集した骨董の器をいくつか送ってくれました。早々に会社勤めをやめて田舎に引っ込み、畑仕事と趣味の骨董、油絵を描いて暮らしていた叔父は50代半ばで病気で亡くなり、あれからもう30年が経ちます。今思うと、学生時代の私は叔父の暮らしになにやら惹かれていました。休みのたびに遊びに行って、縁側から田園風景を眺めたり、叔父のアトリエにある絵や骨董を見せてもらうのがとても好きでした。今、私がこんな風に暮らしているのも、叔父の影響が少なからずあるような気がします。
送られてきた荷を妹とともに解き、数々の古びた木箱をどきどきしながら開けました。それは骨董品との出会いというだけでなく、それらを選んだ叔父の「目」や「好み」に思いを馳せ、かつてそれらを手のひらで包んで鑑賞したはずの叔父のうれしそうな顔を思い出す時間でもありました。一揃い10客の紀州塗りの吸い物椀や染付の大ぶりな蒸茶碗は妹と5客ずつ分けました。
下の写真は、大ぶりの梅椀(もみじ柄)と波に千鳥の菓子椀。
丁寧な手仕事で作られたお椀にどんな料理を盛り込んだらいいのだろう、果たしてそんな料理が作れるのかしら・・・眺めるたびに当惑しつつ嬉しい私。大切に使わせてもらおうと思っています。
a0238314_20564660.jpg
a0238314_20571659.jpg


# by kouribakokara | 2018-05-21 21:29 | Comments(0)

5月前半に作った料理から

2018年5月18日金曜日

最近作って美味しかったもの。
庭のヨモギを混ぜ込んだカップケーキ
a0238314_11244876.jpg
去年の今頃、パリで食べたレバノン料理を思い出してトマト味のクスクス。
a0238314_11254887.jpg
市場にいっぱい出ているエンドウ豆で冷製スープ。
a0238314_11251882.jpg
冷凍庫に入れたままになっていた猪肉をミンチにしてミートローフ。スパイスはナツメグやクミン、コリアンダー、チリパウダーなど適当に。私には珍しく我流で作ってみたけど、なかなか新しい味わいでした。
a0238314_11261805.jpg

# by kouribakokara | 2018-05-18 11:39 | | Comments(0)

ひな鳥誕生

2018年5月14日月曜日

a0238314_20225989.jpg
a0238314_20232565.jpg
a0238314_20262213.jpg
雌鶏が抱卵を開始して20日余り、今朝、鶏小屋に行くと生まれていました!雌鶏が抱いていた7個の卵から、4羽のヒナ鳥。毛色は白っぽいもの、黄色がかったもの、ちょっとうす茶が混じったものなど色々です。あと3個の卵は、1、2日待ってみるつもり。
それにしても雌鶏たちの頑張りに頭が下がります。飲まず食わずで3週間、忍耐の結果生まれたかわいいヒナたちを手の平で持ち上げると、卵より軽い・・・ふわりとした毛と真っ黒な瞳に、やさしい気持ちになりました。

# by kouribakokara | 2018-05-14 20:26 | Comments(0)

それぞれに

2018年5月8日火曜日

a0238314_20563942.jpg
ゴールデンウィーク中のわが家、各自、任務を遂行して過ぎて行きました。
鶏小屋では雌鶏が卵を抱いていて、雄鶏もいつもより静か。みんなが息をひそめて雛が孵るのを待っているような感じです。
a0238314_20575985.jpg
夫は裏庭で池造り。地面を掘り、防水シートを敷き、大きな石で周囲を囲い、山の水を引き・・・いつものことながら、やり始めたら止まりません。睡蓮とクレソンを育て、メダカを飼うそうです。
a0238314_20591732.jpg
私は相変わらず野草摘み。1年分のわが家のお茶をこの時期に一気に作るので、カラスノエンドウやスギナを摘んで洗って干し、乾いたものから切って煎るという作業を繰り返す日々。ついでに晩御飯のおかずも摘んでいます。私が一番好きなのはこれ、母子草の天ぷら。ほんとにおいしいから、ぜひ食べてみてほしいなぁ。

# by kouribakokara | 2018-05-08 21:04 | Comments(0)

今年の一番茶

2018年5月3日木曜日

a0238314_20470851.jpg
ひとの出入りが慌ただしくなるゴールデンウィークは、菜園や庭での作業が増える時期でもあります。寒い間はだれていた私も、季節の移ろいと天候に急き立てられるように、朝から晩まで屋外でなにかをしています。
朝、目覚めると長靴をはき、麦わら帽をかぶってまず外へ。冷気の残る明るい菜園の空気を吸ったとたん、ぼんやりした身体がしゃきっとしてきます。撒いた種が発芽しているか、野菜の生育は順調かを見て回り、次の作業の段取りを考えます。庭を一周して、その日のやることリストをだいたい決めます。
a0238314_20471901.jpg
一昨日の朝の巡回でやることリストのトップになったのが「茶摘み」でした。庭に自生している茶の木に柔らかでつやつやの若葉がいっぱい出ているのを見つけ、一番茶を摘む時期になったと気づきました。朝食を済ませてすぐに茶摘み。茶畑ではないので、敷地のあっちに1本、こっちに1本と点在する茶の木を回って、若葉を摘みます。摘んだら洗ってさっと茹で、すぐに冷まし、低温で乾煎りしつつ手で揉みます。必要なのは根気だけ・・・そして今年もわが家の一番茶が出来上がりました。

# by kouribakokara | 2018-05-03 21:11 | Comments(0)

山里近況

2018年4月27日金曜日

a0238314_10053732.jpg
木に咲く花がほぼ散って1週間、若葉の濃淡が目にも楽しい季節になりました。夕方の楽しみは、家の西側にある柿の木の新緑に春のほんわりした夕日があたる様子を眺めること。昼間あたたまった空気がどんどん冷えていくのを感じながら、のんびりする時間です。
a0238314_09463558.jpg
a0238314_10271824.jpg
摘み草も毎日楽しんでいます。タンポポの若い茎を摘んでおひたしにしたり、まだ細目の野ブキを煮たり。

a0238314_10322887.jpg
a0238314_09525633.jpg
畑は絹さややエンドウ豆が成長中。秋撒きのキャベツの葉はいっこうに巻く気配がなく、待つべきか、収穫して次の作物に切り替えるか・・・悩ましいところです。

# by kouribakokara | 2018-04-27 10:35 | Comments(0)

採集生活邁進中

2018年4月16日月曜日

周囲の山が花や若葉で急に鮮やかになるこの時期は、木々の根元、伸び始めた草の間に食材がいっぱい出てきます。
3月下旬にはフキノトウやつくし摘みをしてたのに、もうこの時期はフキやワラビ、ヨモギ、筍・・・「摘んだり」「採ったり」「掘ったり」の採集生活で毎日が過ぎていきます。
a0238314_20373419.jpg
a0238314_20380685.jpg
昨日、庭でヨモギの柔らかい若葉を摘んで、ヨモギ餅をつくってみました。重曹を少しいれて茹で、水洗いしてからペースト状に。蒸した餅粉に混ぜたら、とてもきれいな緑色になりました。3時にほうじ茶と。
a0238314_20384975.jpg
今日は昨年同様、近所のお宅の裏山で筍堀り。すでにかなりの筍が猪に食べられていましたが、それでも十数本を掘りました。帰りはずっしり重い筍を持って足場の悪い山の急斜面を歩くので、倒木に足をとられたり滑ったり。「欲張りばあさんはそれでも筍を放さなかったので、崖からすべり落ちてしまいました」と昔話ならそうなりそうな状態でしたが、無事、帰還して、今は筍を茹でています。

# by kouribakokara | 2018-04-16 20:42 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

最新の記事

石の入れ替え
at 2018-09-21 14:07
ルンコちゃん
at 2018-09-14 10:28
三井寺
at 2018-09-12 09:14
台風21号を待つ朝です
at 2018-09-04 10:18
重いもの、軽いもの
at 2018-08-30 16:24

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧