ロシア語・カザフ語

2011年11月20日日曜日

カザフスタンの憲法ではカザフ語が国語、ロシア語が公用語で、その他の民族言語の自由も保障されています。街の道路名や店舗名はカザフ語表記、コンサートや公的な式典の多くはカザフ語・ロシア語の両方で行なわれます。
今の30代・40代はソ連時代にロシア語で教育を受けた経験から、カザフ人でもカザフ語の読み書きが十分にできない人がけっこういるのですが、現役のカザフ人小・中学生は両方の言語ができるとのこと。独立後20年、この国は言語面からも国づくりのさなかにあります。
ところで私のロシア語学習も1ヶ月が過ぎました。もっと勉強せねばと思いつつ、ようやく日々の挨拶と簡単な自己紹介ができ、人の会話の中に時々知っている単語が拾える程度。あまり大きな進展はありません。
それでも、五里霧中の生活に多少の薄明かりがさし始めた感じ。例えば「シマウマ」の件。以前このタイトルで、洗剤の袋にある表記がわからなかった話を書いたのですが、その表記が実はロシア語でなくカザフ語だったとやっとわかりました。2つの言葉はほぼ同じキリル文字を使うので、私はそれがカザフ語表記と知らず、ロシア語辞書にカザフ語の単語を入力していたようです。その結果が「シマウマ」。a0238314_14562255.jpg商品表示はロシア語、カザフ語どちらか一方のこともあれば、両方の言語の場合もあって様々。そんなことさえ、わかるまでに長い時間がかかっています。
私のとりあえずの目標は、肉屋の対面販売で「牛肉のヒレ○○g、肩ロース○○g切ってちょうだい」などと言えるようになること。しかし、いつのことになるのやら・・・十まで数えるのも四苦八苦してるのに。
by kouribakokara | 2011-11-20 15:27 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27
この時期だけの・・・
at 2018-10-09 18:02
at 2018-10-03 18:27
骨董市へ
at 2018-09-27 14:45

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧