ランチ

2011年11月24日木曜日

a0238314_11483172.jpg新しい任地で住まいが決まり生活が落ち着くと、いつもなら事務所のスタッフを自宅に呼んでhousewarmingの食事会をするのが恒例です。ところが、すでにこの厳しい寒さ。ハイヴィルまで足を運んでもらうのも大変なので、今回は事務所に料理を運びこんでランチを食べてもらうことにしました。
ここの事務所には食堂がありません。外食には便利な場所なのですが、寒くなるとほとんどのスタッフは昼食持参で通勤します。「水曜日のお昼はこちらで用意します」と事前にお知らせし、私は火曜日から料理の下ごしらえにとりかかりました。運転手さんも入れて約30人分。鶏肉炊き込みご飯のおにぎり、豆腐の味噌汁、煮豆などが和風、それに韓国風の海苔巻きやら洋風のピクルス、フリッタータ、東南アジア風肉料理、パウンドケーキ等々、もうごちゃ混ぜのメニューとなりました。若いスタッフが多いのでボリュームも必要ですが、ヴェジタリアンもいるし、宗教的な配慮もして・・・などと日ごろどんよりしている私の頭も身体も活性化。大人数の料理を作るのは大変ですが、出来上がりの気分は爽快です。味噌汁は予想外の大人気でした。「同じ釜の飯を食う」と気持ちも通いあう、いつもそう思います。
by kouribakokara | 2011-11-24 12:20 | | Comments(5)
Commented by sora at 2011-11-24 21:30 x
凄~~い! 頑張りましたね~ これぞ内助の功… 頭が下がります。 しかも美味しそう! 
お料理は勿論、運ぶのも大変でしたでしょう。
お疲れさまでした m(__)m
Commented by kouribakokara at 2011-11-24 23:20
30年前なら味噌汁・おにぎりを喜ぶ外国人はいなかったと思います。和食が世界に知られるようになって、私ももてなしがしやすくなりました。
Commented by mayuko at 2011-11-25 19:13 x
さすが! お料理上手ですね~ 30人分? すごいわ~!! 皆さん、喜んでる様子が目に浮かぶようです。
Commented by kouribakokara at 2011-11-25 20:47
子どもたちにご飯を作ることもなくなったので、若いスタッフ相手に久しぶりの母親気分でした~。
Commented by C-meta at 2011-11-25 21:47 x
ランチの会に加わって、kouribakoさんファミリーの雰囲気に浸りたい気分でーす。


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27
この時期だけの・・・
at 2018-10-09 18:02
at 2018-10-03 18:27
骨董市へ
at 2018-09-27 14:45

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧