独立20周年記念

2011年12月17日土曜日

a0238314_10394615.jpg昨日12月16日はカザフスタンの独立20周年記念日でした。祝日となり、ハイヴィル周辺は車も少なくて静かな1日。街なかは独立を祝う大セールで華やいだムードと聞きました。
夕方、大統領府主催の独立記念コンサートを見るため、アスタナ・アリーナに出かけました。警備が厳重でアリーナ周辺の道路は閉鎖され、外交団の車以外は通行できなくなっていました。観客は特別にチャーターされたバスで会場に入ります。アスタナ・アリーナは今年1月に冬季アジア大会が開催された場所です。アリーナ中央に円形のステージが設置され、広い会場はほぼ満席。独立20年の歩みを振り返るナザルバイエフ大統領のスピーチ映像が何度かに分けて流され、ソ連時代の抑留者の強制労働、核実験、独立、バイコヌール宇宙基地、アスタナへの遷都などテーマ別に映像あり、歌や民族舞踊ありの見ごたえある2時間。多民族・多宗教の調和と共存や核廃絶などカザフスタンの国づくりの方針が強く反映され、メッセージ性ある内容でした。過去の記憶がまだ鮮明な、若々しい国なのだと改めて思いました。
会場を出たのは夜の8時。夜空に花火が上がり、大勢の人たちから歓声が。その様子を写真に撮ろうとしばし手袋をはずしていたら、急に指先が痛くなりました。零下30度近くだったので血が通いにくくなったようです。この気温、侮れません。
さて、明日から一時帰国。アスタナからアルマティに飛び、国際線に乗り換えて北京で1泊、翌日には東京です。
by kouribakokara | 2011-12-17 10:56 | Comments(2)
Commented by sora at 2011-12-18 10:41 x
まだ20歳の若い国なんですね… 真っ直ぐに成長して欲しいと切に願います。マイナス30度! きっと北京が暖かく感じられますね(笑)
日本は只今6度です。 気を付けてお帰り下さい!
一路平安!! 
Commented by kouribakokara at 2011-12-18 10:58
謝々!


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新の記事

お休み中
at 2018-12-16 13:02
鳥取(3)鳥取市半日観光
at 2018-12-10 20:13
鳥取(2)坂井原集落
at 2018-12-06 14:39
鳥取(1)石谷家住宅
at 2018-12-05 14:44
六道絵
at 2018-11-30 16:33

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧