気になるモノたち

2011年12月26日月曜日

a0238314_7405955.jpg飛行機が嫌で、どちらかというと車や列車で地を這っていたい私ですが、今年はいつになく頻繁に海外に出かけた1年でした。7月に夫の前任地の東ティモールに行ってから、半年の間に7カ国。縁あって立ち寄ったり暮らしたりした場所で撮った写真には、気になるモノやヒトが写っています。今日はそんな中からいくつか。
a0238314_741348.jpg右は東ティモールの首都ディリのローカル・マーケット。7月のディリは初冬とはいえ昼間の気温は30度。もやしの上に傘が差しかけられていました。左はインドネシア・ボロブドゥール遺跡の近くで椰子の実から砂糖を作っているオジイサン宅の台所。涼しげで几帳面な台所でした。
a0238314_74984.jpg右は北京のお店で売られてたコースター「老婆万歳」。老婆とは日本語で「妻」のこと。
下はアスタナのバイテレク展望台にある大統領の手形。バイテレクなんて行かないだろうと思っていたのに、早々と出かけて手形に自分の手を置き、写真まで撮っていたとは・・・自分で自分に驚いた1枚。大きな手でした。a0238314_752658.jpg
         トルコ・イスタンブールの露店で売られていた人形。やっぱり一つ買っておけば良かったと、今も気になるモノの筆頭。a0238314_754416.jpg

最後に、左下はブルガリア・ソフィアの静かなモールでひときわ浮いていたGarcarという名の遊具。a0238314_85991.jpg                  子どもに人気のキャラクターなのでしょうか。ご存知の方、教えてください。コインを入れてみたい気持ちを抑えつつ写真を撮りました。
by kouribakokara | 2011-12-26 08:16 | | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27
この時期だけの・・・
at 2018-10-09 18:02
at 2018-10-03 18:27
骨董市へ
at 2018-09-27 14:45

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧