アンパン

2012年5月4日金曜日

日本を離れていると、ある日突然に日本ならではの「何か」が食べたくなります。これまで暮らしたほとんどの国ではその「何か」を買うことができず、結局は食い意地に導かれて自分で作ってきました。けれど材料が違ったり自己流だったりで、必ずしもうまく出来上がったわけではありません。失敗も挫折も多くあり、がっかりした記憶は不思議なほど鮮明です。
ところで先日、唐突にアンパンが食べたくなりました。韓国食材店であずきを買ったからでしょう。アスタナでアンパンは売っていないので、作ることにしました。まずはあずきを一晩水につけ、翌朝から鍋でコトコト。a0238314_10354690.jpg砂糖を入れ、煮詰めて練って粒餡を作り終えたらお昼過ぎでした。その頃には、アンパンを食べたいかどうかより、大量の粒餡を前に途中で放り出せなくなっている感じ。遅い昼食のあと、今度はパン生地にとりかかりました。日本の家にはニーダーがありますが、ここでは手ごね。一次醗酵のあと丸めて餡を詰め、二次醗酵。そして午後6時、ようやく粒餡のアンパンが焼き上がりました。
思い出すのは、十余年前にバングラデシュのダッカで焼いたアンパン。クーラーもない灼熱の台所で汗だくになって生地をこねたのに、まずくて固いアンパンが焼きあがりました。パン作りの基礎知識がなかったからですが、私も子どもたちもひどくがっかり。日本に住んだ4年間にパン作りを習ったのは、その記憶があったためでした。
今はそれぞれ別の国に住む子どもたちの顔を思い浮かべながら、焼きたてのふんわりしたアンパンを食べました。
by kouribakokara | 2012-05-04 10:49 | | Comments(4)
Commented by Mayu at 2012-05-04 11:22 x
すご〜い‼色艶よくお店で売ってるみたい(^-^)/
ニードル無しに手でこねるって、大変だつたでしょう?
でもこれだけで来たら、つぎは肉まん、あんまんもできそう?!
Commented by kouribakokara at 2012-05-04 12:13
あっ、そうね~!あんまんもできますね。作りすぎた粒餡を冷凍しているので、次回はあんまんにしてみます。
Commented by winyaan at 2012-05-09 01:41 x
常備食というほど頻繁にアンパンを食べる自分にとって、パン屋でもコンビニでもすぐに買える当たり前のことがありがたいことだと分かりました^^。
それにしてもツヤツヤで美味しそう。
Commented by kouribakokara at 2012-05-09 11:00
アンパンは代表的日本食だと思います。北海道産の小豆と小麦粉で作れば、最高級のアンパンになるんだけど~。


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27
この時期だけの・・・
at 2018-10-09 18:02
at 2018-10-03 18:27
骨董市へ
at 2018-09-27 14:45

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧