夏至のころ

2012年7月3日火曜日

a0238314_7583926.jpgウズベキスタン旅行を終えてアスタナに戻った後の1週間、アスタナの気温は連日30度を超えました。クーラーがない家なので、あちこちの窓を開けて風を通すのですが、なかなか涼しくなりません。ちょうど夏至の頃で日も暮れないため、夕方から遊覧船に乗ってみることにしました。
散歩で河沿いを歩くたびに目にしていた遊覧船。乗り場は、ラディソン・ホテルのそば。土曜日の夕方、出かけてみて目にしたのはこんな光景です(上写真)。この明るさで午後7時半ごろなのですが、イシム河の岸辺はなんと海水浴場状態でした。a0238314_89418.jpgしかも、このよどんだ色の川で大人も子どもも嬉々として水遊びに興じている様子は、きれいな海や清流の選択肢がある日本人としてはちょっとびっくり。そうか・・・泳ぐのか・・・みたいな。
遊覧船は1人700テンゲ。船に乗るとまずはライトバンクの旧市街地の風景を楽しみ、それからレフトバンクの新しい町並みを見て、大統領官邸の手前でUターンして戻ってくるという45分間のコースです。
船が走りはじめたとたん、涼しい風が吹いてきました。夕陽のあたるビル群、短い夏の間に急成長する街路樹、長い冬の重ね着を脱ぎすてて開放された人たち。つい3カ月前は真っ白く凍っていたイシム河の上を水しぶきをあげて走る船に乗っていると、同じ街にいるとは思えなくて、不思議な気持ちになりました。この日の日没は午後10時過ぎでした。
by kouribakokara | 2012-07-03 08:17 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新の記事

お休み中
at 2018-12-16 13:02
鳥取(3)鳥取市半日観光
at 2018-12-10 20:13
鳥取(2)坂井原集落
at 2018-12-06 14:39
鳥取(1)石谷家住宅
at 2018-12-05 14:44
六道絵
at 2018-11-30 16:33

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧