人気ブログランキング |

シーベリーのジャム

2013年10月3日木曜日

a0238314_11555320.jpg
去年11月、キルギスタンを旅した時にイシククル湖のほとりで初めて出会ったシーベリー。ジュースを買った後になってシーベリーの実でジャムを作ってみようと思い立ったのですが、ビシュケクの街ではついに見つからなかったことをブログでも書きました(2012年12月3日付)。
もしもう一度イシククル湖に行くことがあったら今度は果実も買おう、などと当てもないことをを考えていた私でしたが、なんとアスタナの青空市でシーベリーに再会しました。ネットで調べると貴重で希少な果物とかいっぱい書いてあるのですが、さすがこの辺りではふつうに獲れるらしく他のベリー系果物と同等の扱い。惜しげもなく山積みにされ、さりげなく売られていました。アスタナでも手に入るなんてねぇ・・・それでも1年ぶりの私はちょっと感動しつつ、500gを400円ほどで買いました。他のベリーよりすこし高価。そして、さっそく念願のジャムを作ってみました。

a0238314_11561948.jpgシーベリーの果実は直径が数ミリ(写真では大きさの目安にティースプーンを添えました)と小さいのですが、皮がとにかく丈夫。長時間火にかけてジャムができあがった後も、皮と種の食感が残りました。油脂も多く、シーベリー独特のくせのある味がします。栄養ありそうだけど、気軽にぱくぱく食べて大丈夫なのかがよくわかりません・・・。見かけはもろみ味噌みたいなジャムがたんまりできてしまったので、口あたりを良くするために濾して他の果物のジャムと混ぜようか、肉のマリネに使ってみようか・・・と思案中。
by kouribakokara | 2013-10-03 12:14 | | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

最新の記事

竹中大工道具館
at 2019-09-10 11:30
三田青磁
at 2019-09-05 19:55
ゆく夏
at 2019-08-31 22:12
スズメバチに
at 2019-08-22 15:30
For the time b..
at 2019-08-19 10:20

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧