食材も春

2015年4月8日水曜日

a0238314_15343430.jpg
主婦が何より季節を感じるのは、食材の変化からかもしれません。気候変動や流通の発達ゆえに、漫然と買い物をしていると旬のものを見逃してしまいそうですが、そこはやはり観察あるのみ。何が市場に出始め、何が次第に数量が増えてきているのか、あちこちのお店をのぞいて歩きます。価格的にはまだちょっと高めというくらいが旬を先取りでき、安くなった頃はもう旬の終わりのような気がします。
梅の花の頃、ポタージュ仕立てにして牡蠣はそろそろ食べ納め。3月に入ったら緑が鮮やかなクレソンのスープが食べたくなります。
a0238314_15352428.jpg
a0238314_15355438.jpg
丸々太ったマイワシはまだ少し肌寒い頃にはつみれに、そして桜の頃にはマリネにしました。私の住むあたりで一番に出回る筍は熊本産。まずは煮物やお吸い物にし、4月に入って地元産が並ぶと炊き込みご飯やグラタンも。ソラマメは海老、桜海老とともにパスタに。スプリング・ラムやウド、新たまねぎ、あさり、イサキ、鰆・・・春は料理したい食材が次々に登場し、なにやら忙しい季節です。
by kouribakokara | 2015-04-08 16:21 | | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27
この時期だけの・・・
at 2018-10-09 18:02
at 2018-10-03 18:27
骨董市へ
at 2018-09-27 14:45

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧