野菜のお出汁

2015年5月13日水曜日

a0238314_15483010.jpg

日本はまさにグルメの時代。マスメディアで星の数ほどあるフレンチやイタリアン、エスニック、会席料理などのお店から、情報量と審美眼と鋭い味覚を駆使して見つけだされたお薦めの店と料理を見るたびに、私はいつのまにやら豪華客船「日本丸」に乗せられ、自分が目の当たりにしてきた世界からどんどん乖離していくような複雑な気持ちになります。
TVなどで、器から具があふれてこぼれることを売りにした大盛りの一皿や必要以上に食材が特売される様子を見ると、汗水たらして仕事をしている生産者は果たしてどんな気持ちなんだろう、出稼ぎや難民として来日した外国人はどう思うんだろう、そんなことが気になります。
a0238314_15485619.jpg

そんなわけで、最近の私のささやかな抵抗は、料理を作るときに出る野菜の皮、種、へた、筋、きのこの茎などを使ってとる野菜のお出汁。先月、雑穀料理を習ったところで実践されているとかで、私も3日分の野菜くずを冷蔵庫で保管し、こんぶと干しシイタケを加えてスープをとっています。できあがりはけっこう濃い茶色。たまねぎの皮の色でしょうか。味も予想外に力強く、和食から洋風料理まで何にでも使います。出し殻となった野菜くずは、ずいぶん大量の食材をゴミとして捨てていることを気づかせてくれます。さて、今夜はこれでお味噌汁。
by kouribakokara | 2015-05-13 16:04 | | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27
この時期だけの・・・
at 2018-10-09 18:02
at 2018-10-03 18:27
骨董市へ
at 2018-09-27 14:45

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧