気がつけば夏至

2015年6月22日月曜日

a0238314_19502296.jpg
夕飯どきというのに外はいやに明るいなと思っていたら、今日は夏至だったんですね。
このところ急に用事が増えて、あたふた、ばたばたしていたものだから、そんな事実にちょっと驚きました。
なんでばたばたしていたかと言いますと、引越しが決まったのです。この場所にずっと住み続けるとは考えてなかったものの、前から引越し計画があったわけではなく、たぶんあと数年くらいはここに居るだろうと漠然と思っていたのですが、6月になって状況が急変しました。

退職した夫が9月から関西の大学に勤務することが決まり、
それを機にこのマンションを売却して、関西に引越そうという話になり、
週末ごとに不動産会社の方と何組かの見学者がマンションにやってきて、
つい先日のこと、早々と売買契約を交わし、
引越し業者の見積もりが始まり・・・
そんな怒涛の3週間が過ぎていきました。
梅雨どきには珍しい夕焼け空、来年は別の場所で見るんだろうなぁと思いながら写真を撮りました。
by kouribakokara | 2015-06-22 19:57 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

最新の記事

お休み中
at 2018-12-16 13:02
鳥取(3)鳥取市半日観光
at 2018-12-10 20:13
鳥取(2)坂井原集落
at 2018-12-06 14:39
鳥取(1)石谷家住宅
at 2018-12-05 14:44
六道絵
at 2018-11-30 16:33

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧