人気ブログランキング |

雑草引き

2017年5月4日木曜日

a0238314_21522766.jpg
このところたて続けに2組のお客さんがあり、その合間に畑仕事と雑草引きに忙しく、ブログを更新しようとPCに向かう夜には睡魔・・・という繰り返しでした。
雑草は草刈り機で一気に刈る方法もあるのですが、今年はちょっと考えがあって、ひたすら手で抜いています。
去年のこと、家の修復で忙しかった時期に遊び半分で一番目立つ一種類の雑草だけを抜いたのですが、その後おもしろいことに気づきました。この春、その雑草がほとんど生えなくなり、かわりに去年は目立たなかった別の種類の雑草がやたら茂るようになったのです。雑草の世界はどうやら早い者勝ちのようで、いち早く陣取りしたものがだれよりも勢い良く増殖できるということらしいのです。なので、この春は2番手と3番手の雑草2種類をひたすら抜いています。そうすると、空いた場所に数日のうちに野イチゴや野生の芝やかわいい花をつける雑草が育ってきます。たぶんこうやって何種類かの雑草を抜いていくうちに、自分の好きな雑草だけがはえる野原ができあがるのでは、と思うのです。
手で雑草を抜くもうひとつの理由は、スギナやカラスノエンドウ、ドクダミなどでお茶を作るから。これらを残したうえで他の雑草を抜くには、地道な手作業しかありません。それゆえ、300坪の敷地の雑草を手で抜くという暇人の極みのような決意をしたのでした。しかし始めてみれば、けっこういけそうな気がします。ただし毎日必ず雑草引きの時間をとらねばなりません。でも大丈夫。要らない雑草を選んで抜く作業は実はものすごく楽しいのです。1日なんて飛ぶように過ぎるほど。抜きながら雑草それぞれの巧みな生き残り作戦に気づいて驚き、飽きることがありません。おかげで人生で初めて、ちょっと腰痛です。

by kouribakokara | 2017-05-04 22:09 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

最新の記事

For the time b..
at 2019-08-19 10:20
迎え火
at 2019-08-14 08:57
毎日きゅうり
at 2019-08-06 16:13
梅雨が明けて
at 2019-07-31 15:25
菜園近況
at 2019-07-23 16:47

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧