タケノコ&野ブキの毎日

2017年5月10日水曜日


a0238314_14532842.jpg
今年はとにかくよくタケノコを食べています。このところ食卓に上がらない日はないほど。
掘らずに置いておくとスクスクとすぐに背丈が1mを超え、竹になっていくタケノコ。近所のお宅の裏山にある竹林では、林の奥のタケノコは猪に食べられて適当に間引かれるものの、家屋近くのは残されています。それが大きくなって家屋にかかっては厄介なので、タケノコ掘りがおもしろくてたまらない私たちが堀らせてもらっているというわけ。
a0238314_14541443.jpg
掘りたてだからなのか、このあたりの土壌が良いのか、タケノコは茹でるとすぐに柔らかくなり、アクもほとんどありません。ザクザク切ってワカメと煮たり、細切り薄味のものをお寿司に混ぜたり、お吸い物、グリーンカレー、佃煮、炊き込みご飯などなど食材としてのタケノコを思う存分使える贅沢。これまで保留にしていたレシピも色々試しています。上の写真はスライスしたタケノコを油で揚げ、焼きのりと塩をまぶしたもの。ビールやワインにぴったりでした。
a0238314_14553344.jpg
a0238314_14554177.jpg
季節ものといえばもうひとつ。同じく急に大きくなって数も増えてきた野ブキ。敷地中に生えているので、厚揚げと炊き合わせたり、細めのものを集めて写真のようなキャラブキも作ってみました。

by kouribakokara | 2017-05-10 15:07 | | Comments(2)
Commented by blacklabsurusumi at 2017-05-11 07:39
ウチも今年は筍が大量に届き、家内がメンマを作ってみたら、少し辛味を効かせて、美味しく、たくさん食べてます。レシピはクックパッドの普通のやつです。ある程度保存もききます。
Commented by kouribakokara at 2017-05-11 08:52
教えていただいて良かったです!ありがとうございます。季節限定だからできるだけ美味しく食べたいけど、そろそろ策も尽きていました。さっそく調べて作ってみます。


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

最新の記事

秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27
この時期だけの・・・
at 2018-10-09 18:02
at 2018-10-03 18:27
骨董市へ
at 2018-09-27 14:45

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧