人気ブログランキング |

梅雨の食卓から

2019年7月9日火曜日

a0238314_11145851.jpg
雑草の生育が盛んになり、小さな集落では毎日のように草刈り機の音が響いています。草刈りしても十日もすれば足首が隠れるほどに草が伸び、また抜いたり刈ったり。きれいにするために刈るのではなく、迫ってくる雑草の波をなんとかくい止めている感じです。
しかし雑草だけでなく、ハーブだって成長期。ミントを思う存分使える時期です。じとじとして梅雨寒の昼下がり、楽しみはミントをいっぱい摘んで熱湯を注いで作るミントティー。爽やかな味と香りは格別です。
a0238314_11150820.jpg
a0238314_11151633.jpg
畑の畝でいつの間にやら繁殖しているスベリヒユ。これを見ると、夏だなぁと思います。世話要らずで育ち食用になるなんて、雑草と呼ぶのは失礼ですね。山形や沖縄、それにヨーロッパでも古くから食されてきた「野菜」です。暑い日にトマトといっしょに冷製パスタにしました。
a0238314_11143478.jpg
鶏小屋では、子育てがひと段落した雌鶏がまた卵を産み始めました。烏骨鶏の卵は小さめですが、割ると黄身の占める割合がけっこう大きいのが特徴です。その黄身をひと晩、スイートチリソースと塩に漬け込み、冷たいトマトに添えて。ねっとりとした卵の食感と甘味でトマトがひときわ美味しくなります。

by kouribakokara | 2019-07-09 11:59 | | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

最新の記事

For the time b..
at 2019-08-19 10:20
迎え火
at 2019-08-14 08:57
毎日きゅうり
at 2019-08-06 16:13
梅雨が明けて
at 2019-07-31 15:25
菜園近況
at 2019-07-23 16:47

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧