カテゴリ:公園( 9 )

ハイヴィルパーク・2月

2013年2月19日火曜日

a0238314_2134458.jpg去年よりも積雪が多い今年の冬。久しぶりにハイヴィルパークに出かけてみました。一面の雪で、散歩道や小川がどこにあったのか全くわかりません。水分の少ないサラサラの雪。足跡のない雪の面に遠慮なく歩を進めたら、ズボッ!ひざの上あたりまで雪に埋まり、慌てました。冬は河岸まで行くのも難しい。クロスカントリースキーの軽やかな板の跡をうらやましく眺めつつ、私はカメラを片手に雪に足をとられてオタオタ。こんな良い天気なのに、公園深く分け入ることはできませんでした。
a0238314_21342621.jpg
a0238314_21344842.jpg
by kouribakokara | 2013-02-19 21:35 | 公園 | Comments(0)

ヒップソリ

2012年12月9日日曜日

a0238314_12214977.jpg
週末、我が家の北側の窓から、公園の斜面で子どもたちがヒップソリ(お尻の下に敷くプラスティックの板)を使って楽しそうに遊んでいる姿を見かけるようになりました。一度やってみたいぞ。実はヒップソリだって買ってある。でも子どもに混じって遊ぶのはちょっと気が引けていました。先日、近所の奥さんとお茶した時にその話題になり、2人で試してみることに。
平日のハイヴィルパーク、ほとんど人影がありません。ときどき犬の散歩をする人が通るくらい。零下15度、快晴の午前11時、どこが歩道かもわからない雪面に新しい足跡をサクサクとつけながら歩きます。a0238314_1238325.jpg帽子とネックウォーマーで顔を覆った50代のおばさん2人、斜面の上に立つと思いのほか角度があり、ちょっとためらいました。
実際にやってみると、子どもたちのように丘の下まで一直線に滑り降りることはなかなか難しい。爽快感を楽しむどころか、途中で予想外の方向に行ったりします。滑っては板をかかえて斜面を登るのもけっこう大変。1時間ほど遊んで、すこしはうまく滑り降りれるようになった頃、「もう帰ろう、お茶飲もう」と引き揚げてきました。
by kouribakokara | 2012-12-09 12:42 | 公園 | Comments(2)

ハイヴィルパーク・12月

2012年12月5日水曜日

アスタナの冬は快晴の日ほど冷えこみ、気温が上昇して0度に近くなると雪。太陽が照らない日が暖かいのは妙な感じです。どちらにせよ0度以上の日はなくなり、空気まで青く凍っているような12月。
a0238314_11481323.jpg

a0238314_11483542.jpg

by kouribakokara | 2012-12-05 12:03 | 公園 | Comments(0)

ハイヴィルパーク・10月

2012年10月10日水曜日

a0238314_1223526.jpg
初雪が積もって消えたあと、ハイヴィルパークはめっきり晩秋の風情になりました。朝夕に川沿いを歩く時は、帽子や手袋が必要で、薄手のダウンなど着ています。市当局は、初雪の翌々日にヒーターを入れることにしたようです。「・・・ようです」というのも、今年はヒーターの試運転をする日について連絡がなく(私が気付かなかっただけ?)、いつの間にか家の中のヒーターがほんわかと温かくなって、どうやらヒーティングが始まったらしいと知ったのでした。
a0238314_123177.jpg
a0238314_1233653.jpg

by kouribakokara | 2012-10-10 01:28 | 公園 | Comments(0)

秋です

2012年9月28日金曜日

a0238314_11565621.jpg
2週間ぶりにアスタナに戻ると、窓から見える公園の木が黄色くなっていました。
最低気温は5度、最高が17度ほど。朝夕は肌寒く、上着が必要です。アスタナは短い短い秋になりました。
by kouribakokara | 2012-09-28 12:02 | 公園 | Comments(2)

ピラミッド・夏の終わり

2012年8月29日水曜日

a0238314_1345725.jpg久しぶりのハイヴィル・パークは、とてもカラフルな公園になっていました。ペチュニアとマリーゴールドで模様が描かれた花壇が点在し、風が吹くたび花の香りが漂ってきます。

この花たち、短い春・夏のためだけにアスタナ市当局が毎年植えるのです。厳しい冬が終わって雪解けの4月、公園や街頭など街のいたるところで土が掘り返され始めます。5月に花の苗が一斉に植えられると、数日のうちに色味のなかったアスタナの街が花でいっぱいになります。
3カ月かけて育った花は今では地面を覆い、植えられたばかりの時の不自然さがなくなって、すっかり風景になじんでいます。朝夕の気温が下がってきたせいか、マリーゴールドの色味も冴えてきました。でも、ピラミッドが花に囲まれている風景もあと少しの間。5月8日付けのブログに載せたような風景へと戻っていきます。
by kouribakokara | 2012-08-29 13:14 | 公園 | Comments(0)

雪の公園

2011 年11月28日月曜日

a0238314_1215435.jpga0238314_1261735.jpg











南西の窓から見えるハイヴィル・パークが雪化粧して以来、歩きに行こうと思いながら、強風や吹雪でやめたり何年かぶりで風邪を引いたりして果たせずにいました。風がなくて快晴の日曜日、昼前の気温はマイナス23度。暖かい家のなかで「暑い、暑い」とぼやきながら服を重ね、いざ公園へ。雪にピラミッド、そして点々とウサギの足跡。アスタナならではの不思議な光景です。ダイアモンド・ダストが輝き、雪はさらさら。凍ったイシム川にも雪が積もり、公園と川の境目もよくわかりません。対岸の大統領官邸が近くなったような気がしました。
a0238314_1382553.jpg

by kouribakokara | 2011-11-28 01:49 | 公園 | Comments(0)

ウェディング・フォト

2011年10月22日土曜日

a0238314_11262517.jpg
市内のあちこちで、結婚式の車列に出会います。花とリボンが飾られた白のリムジンを先頭に、親類縁者や友人の車が長い列を作り、クラクションを鳴らしながらゆっくりと走ります。
ハイヴィル・パークでは、結婚式の衣装を着たカップルがよく記念撮影をしています。散歩中にすれ違ったカップルに「おめでとう!」と言ったら、花嫁さんは恥ずかしそうでしたが、花婿さんはすごく嬉しそうに、片言の英語で「ボクの彼女、きれいでしょ!」。ほんと、とても綺麗な女性でした。写真は夕陽のイシム川で撮影中のふたり。お幸せに~。
by kouribakokara | 2011-10-22 11:59 | 公園 | Comments(0)

Walking group

2011年10月14日金曜日

a0238314_12115670.jpg
アスタナには、外国人女性が集まって活動するインターナショナル・クラブがあります。加入すると、メールで次々にクラブ主催の行事やアスタナの情報が入ります。
先日初めて、クラブのWalking groupに参加しました。毎週どこかに出かけて歩くそうですが、その日の場所はハイヴィル前の広大な公園。朝から小雨まじりの強風が吹き、気温は2度。中止かなと思いつつ集合場所に行くと、元気な女性たちが12、3人集まっていました。ドイツ・スコットランド・スイス・アメリカ・カナダ・ロシア・インド・韓国・・・国籍も年齢もさまざま。公園は平和のピラミッドを中心にイシム川沿いに広がり、川向こうは大統領官邸です。早足でぐるりと1周したら、だれかがGPS付きの腕時計を見て「まだ3.8キロよ」。ならばもう1周、ということで8キロを歩きました。2周目には身体がぽかぽか、冷たい風が心地よくなりました。小さな野草の花が咲き、野うさぎも見かけました。その後、ハイヴィルに住むドイツ人のお宅でコーヒータイム。いろいろ情報を聞くことができました。冬の備えについて聞いたら、ある人が「一番大切なのは、気持ちの準備」。なるほど~どこの国でもそうでしたが、外国人女性グループは何かと心強い存在です。
写真は夕方のハイヴィル・パークで。ピラミッドの後ろに見えるのがハイヴィルです。
by kouribakokara | 2011-10-14 13:15 | 公園 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

最新の記事

広島1泊2日
at 2018-11-11 11:14
河井寛次郎展
at 2018-11-04 09:31
寄せ集めサラダ
at 2018-10-26 10:54
秋だから
at 2018-10-20 09:52
方丈庵址
at 2018-10-16 10:27

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧