人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

六道絵

2018年11月29日木曜日

a0238314_16191356.jpg
私は若い頃、西洋の宗教画や日本の古い仏教画に興味がありませんでした。西洋の宗教画に目を向けたのは、カザフスタンのロシア正教会でイコンを目にしてから。その後も東西ヨーロッパを旅してギリシア正教会やカトリックの教会、その土地の美術館や博物館を訪ねて大量の宗教画を眺めているうち、絵画として鑑賞するのではなく、その絵が何を伝えようとして描かれたかを想像するようになりました。
こんな話になったのも、11月に中ノ島の香雪美術館で曼荼羅や「六道絵」を、そして広島の県立美術館でブリューゲル展を観てはっとすることがあったからです。国も文化も違うのにアートにはある種の似通った役割があった、その役割とは読み書きを知らず学校に行くこともない一般民衆にこの世での生き方と信仰を説くための「わかりやすい図解」を示すことだった、ということ。だからイコンの前で、私もふと思ったのですね。この絵、なにを言いたいんだろう・・・と。
六道絵の六道とは地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人、天のことで、人は生前の行いに応じて死後にこの6世界のどこかを巡るという仏教の考えです。六道絵には微に入り細に入り凄惨な場面が描かれていて、それを目にした人々はそんな恐ろしいことにならないよう正しく生きようと思ったのでしょう。難しい説法より視覚に訴える布教のツールでもあったわけです。初代ブリューゲルの描いた戦いや聖書に基づく絵も、ある種の「六道絵」のようです。そういえば、若い頃に留学したシンガポールで「趣味が悪くてヘンな場所だ」と驚いたタイガーバーム・ガーデンのあの極彩色に塗られた人形たちも、実は立体の六道絵だったのかと思いいたりました。 長く生きていて、やっと気づくことがあるもんです。もう一度、タイガーバーム・ガーデンに行ってみたくなりました。

by kouribakokara | 2018-11-30 16:33 | Comments(0)

種いろいろ

2018年11月23日金曜日

a0238314_20554940.jpg
a0238314_20580342.jpg
秋野菜の収穫がほぼ終了。サツマイモは期待はずれ、収穫が芳しくなかったのは、新しく畑にした場所の陽当たりが今ひとつだったせいかもしれません。里芋は豊作。落花生も予想以上の出来でしたが、収穫がやや早かったかも。本に書いてある収穫時期を気にするより、葉の色などを観察して自分の勘を信じるべきだったかなと思いました。小豆は今年も虫がいっぱいついて、全然だめでした。満足したり残念がったりしながら野菜を整理した畝を耕し直し、夏には野菜でにぎわっていた畑はだいぶ淋しくなりました。とはいえ、片隅では日ごとに冷たくなる空気に包まれ、じわりと冬野菜の白菜やカリフラワー、キャベツ、大根などが育っています。
今年は種もいろいろ採取してみました。写真は左上から時計まわりにニラ、オクラ、ゲンノショウコ、モロヘイヤです。
そして落花生の美味しい種は収穫直後には茹でて、ほかは乾かしてから薪ストーブにかけた鉄鍋でゆっくりと炒って、晩酌のおともとなりました。

by kouribakokara | 2018-11-23 21:05 | Comments(0)

華やいで

2018年11月15日木曜日

a0238314_15074243.jpg
a0238314_15075155.jpg
a0238314_15080068.jpg
集落は1年でもっとも彩りの美しい季節に入りました。紅葉の始まった木々とともにサザンカの花が開き、木の実が赤く染まり、ツワブキの花が黄色を添え、十月桜が盛りとなって、谷あいは春よりもずっとカラフルです。日々の天気や朝、昼、夕方の陽光の変化につれて周囲の山も庭の様子もいろいろな表情を見せ、飽きることがありません。しかし今年はずいぶんと暖かい・・・気づけばもう11月も半ばというのに、これまでに薪ストーブを焚いたのはわずかに3日です。
a0238314_15080908.jpg
街に早々と登場したクリスマス飾りを見て、うちのツリーはいつ出そうかと考えたのですが、戸外がこんなに華やいでいる間はクリスマスツリーを出す気分にはなりません。思えば、街でマンション暮らしの時、11月の今頃からクリスマス飾りを出していました。鮮やかな秋の自然から遠かったせいかもしれません。今は、外の冬枯れが始まってから屋内に色を足すべくツリーを飾ろうかなと思っています。

by kouribakokara | 2018-11-15 15:15 | Comments(0)

広島1泊2日

2018年11月11日日曜日

a0238314_11005730.jpg
a0238314_11002469.jpg
快晴が続いてるし、季節はずれに暖かい。厚着しなくていいから歩き回りやすい。ちょうど私の予定も空き、最近の母の体調も良い等々、好条件が揃ったので、以前から「お墓参りに行きたい」と言ってた母を連れて1泊2日で広島に出かけてきました。母との二人旅は車でなくて新幹線。母は元気だけれどなにしろ87歳なので、旅程は空白のままのんびり気ままに、とにかくお墓参りだけは済ませようと大阪を発ちました。
1年ぶりの広島駅は併設の商業施設がオープンし、ずいぶんと様相が変わっていました。広島で最初のランチはそんな駅ビルでお好み焼き。その後、在来線に乗り換えて父のお墓、さらにタクシーで昨年末に亡くなった伯父(母の兄)のお墓へ。お寺の境内では桜やイロハモミジの大木が紅葉し、墓地を明るく彩っていました。私自身はお墓なんて要らないと思っているけれど、墓参に来て安堵する母の様子を見ると、生きている人にはお墓の存在が必要なこともあるのかなと思い直したり。
墓参が終わればフリータイム。ホテルに荷物を置いてから、近くにある縮景園(写真)に行ってみました。母は半世紀ぶりだとか。回遊式の庭園も紅葉が始まり、足元ではツワブキの花が満開でした。刻々と変わる夕陽の木漏れ日もとてもきれいで、閉園までのんびりと過ごしました。
翌日は広島県立美術館のブリューゲル展へ。全国で開催される展覧会ですから旅先で観ることもないと言う人もいるかもしれないけど、地方の美術館のほうが人が断然少なくて心ゆくまで鑑賞でき、実はすご~くお勧めです。
墓参と庭園と美術展、そして広島の空気を吸って、母も活性化されたみたいです。

by kouribakokara | 2018-11-11 11:14 | | Comments(0)

河井寛次郎展

2018年11月4日日曜日

a0238314_09261517.jpg
a0238314_09271589.jpg
先日のこと、三婆(母・妹・私)うちそろって兵庫県立陶芸美術館に出かけました。心待ちにしていた河井寛次郎展。河井寛次郎は濱田庄司やバーナード・リーチとともに民藝運動に関わった陶芸家です。これまでおりにふれて私が見てきた河井寛次郎の作品は、美しい釉薬がたっぷりとかかったおおらかな造形の大皿や壺ですが、今回の展覧会でそれらの多くがすでに20代、30代の若き日の作品であったことを知りました。年齢を重ねて到達した境地なのかと勝手に思い込んでいたことがわかり、びっくり。
a0238314_09275278.jpg
では晩年の河井寛次郎の焼き物は、というと、年齢を重ねるにつれ型にはまらない自由さと情熱のかたまりみたいな作品が増え、とくに「扁壺」(写真上・左)と呼ばれる不思議な形の多くの壺が残されています。溢れんばかりの創作意欲は陶芸にとどまらず、書や木彫り、オブジェ、家具のデザインなど多岐に及び、変な言い方だけど岡本太郎もびっくりのモダンアートの世界。展覧会を見終えたら、溶岩が地上に出たような寛次郎の創作活動に圧倒され、そして愉快な気分でした。ビデオで観た晩年の寛次郎さん、とっても痩せた方でした。体内から自分すべてを形として外に出したら、たしかにこうなるだろうなぁ、そんな印象でした。
三婆はその後、今田温泉の露天風呂に浸かって「面白かったね~」と展覧会のことを話しつつ、くつろいできました。

by kouribakokara | 2018-11-04 09:31 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

最新の記事

梅雨時の色
at 2019-07-15 18:12
梅雨の食卓から
at 2019-07-09 11:59
いろいろ棲んでる
at 2019-07-03 10:28
自分で決める
at 2019-06-26 11:25
紫陽花の季節になりました
at 2019-06-18 16:21

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧