人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

丹波ワイナリー

2019年5月26日日曜日

a0238314_15144703.jpg
京都府船井郡京丹波町、ここに40年余りワインをつくり続けている丹波ワイナリーがあります。和食に合うワイン、という言葉を耳にするようになったのはかなり最近のような気がする私ですが、丹波ワイナリーでは創業時からの志だったとか。我が家から車で1時間ほどの場所なので、畑仕事を1日休んで訪ねてみることにしました。
平日だったのでワイン畑と工場の見学を申し込んだのは私たち夫婦だけ。夏めいてきた日差しの下、広大なブドウ畑にはブドウの花の蕾ができ始めていました。解説を聞きながらゆっくり見学を終え、ワインの試飲も。帰路の運転を私に任せ、夫は赤・白のワインのほかに梅ワインの味見もしていました。梅酒と違うのは、梅のジュースにワイン酵母を加えて作ること。甘味があって、和食の食前酒にぴったりとのことでした。
a0238314_15161245.jpg
a0238314_15163062.jpg
a0238314_15163705.jpg
ランチは併設されているフレンチレストラン、Du Tambaで。ブドウ畑を眺めながら地元食材を使った料理をいただきました。私はメインに鹿肉のハンバーグ、飲み物はブドウジュース。ボサノバのBGM、目の前に整然と広がるブドウの木々、明るい太陽・・・と、窓の外を見ている間はイタリアかモンテネグロかフランスか、なにやらヨーロッパのどこかに居るような気分なのですが、視線をお皿に戻すとそこには地元野菜のタケノコや夏大根、山椒の芽などが使われているフレンチ。ここは日本なんだなぁと意識する、その行ったり来たりが心地よいランチでした。海外から友人が来たら、ぜひとも連れて行きたい場所のひとつです。

by kouribakokara | 2019-05-26 15:24 | | Comments(0)

初ムーチー

2019年5月21日火曜日

a0238314_16344610.jpg
先日、久しぶりにデパートに立ち寄ったら沖縄フェアをやっていました。面白いものがありそう~と会場をうろついて、魚のすり身でおにぎりを包んだ揚げものや泡盛の製造過程で作られる麹酢、ウコンのお茶、黒糖やピーナツのお菓子など見て回りました。青果売り場でふと目に入ったのが大きな月桃(げっとう)の葉。いかにも熱帯・亜熱帯の青空をバックにのびのびと生えていそうな植物です。聞けば、沖縄の家庭ではこの葉っぱを使って昔からムーチーというお菓子が作られてきたとのこと。あ!これだ!と思い出したのは、先日買ったばかりの本『米のおやつともち』(別冊うかたま)のなかにあった沖縄の伝統菓子のページでした。記憶が新しいうちに出会えるとは。月桃の葉は10枚430円。沖縄では庭などにふつうに生えているのでしょうが、ここらあたりでは見ることのない植物ですから、とにかく買ってとにかく試作してみることにしました。
a0238314_16350566.jpg
a0238314_16351566.jpg
a0238314_16352262.jpg
本を見ながら餅粉と黒糖と水をこね、月桃の葉で巻いて蒸し、漢方薬のような香りにわくわくしながら出来上がるのを待ちました。翌日、4年余り沖縄に住んだことのある妹夫婦に試食してもらいました。果たしてムーチー?! 私は食べたことないからわからないのですが、妹によるとまさにムーチーだったとか。ほんのり甘い素朴なお餅でした。
我が家に月桃はないけど、夏には茗荷の葉が茂ります。調べると月桃も茗荷も同じショウガ科の植物。この夏は茗荷の葉っぱで我が家ならではのムーチーもどきを作ろうと楽しみです。

by kouribakokara | 2019-05-21 18:11 | | Comments(0)

春の収穫

2019年5月18日土曜日

a0238314_09094454.jpg
薪仕事と草引きで格闘しているうちに色々な野菜、野草の収穫期に入りました。
上の写真は自生している山三つ葉と、顔を出し始めた茗荷の若芽の茗荷竹です。茗荷竹はこの時期だけの贅沢。ちょっと頂いて、茗荷よりずっと青々しい香りと味を楽しみます。
a0238314_09100308.jpg
a0238314_09101201.jpg
畑は4回目の春。畝の土がずいぶん改善し、野菜の育ちが目に見えて良くなりました。烏骨鶏たちからの鶏糞や引いた草で作る堆肥も功を奏してきたようです。畑は年単位でしか効果が出てこないけれど、自分が働いた分だけ確実にこたえてくれると実感します。反対にちょっとさぼると、畑も庭もすぐに荒れていく。自分自身が投影されてる気がして、最近は畑や庭が整っていたら安心する私です。写真は玉ねぎ、そしてニンニクの芽。

by kouribakokara | 2019-05-18 09:26 | Comments(0)

5月の花

2019年5月12日日曜日

a0238314_17362710.jpg
a0238314_17363730.jpg
a0238314_17364654.jpg
4月末まで薪ストーブを焚いていたことが嘘のように気温が上がり、日差しが強くなってきました。
5月の庭の楽しみは真っ白な小花をつける姫ウツギと深い水色が清々しい丁子草。オオデマリは苗を植えて3年目にして初めて、大輪の花を咲かせました。花は当初、写真のような薄緑でしたが、だんだんと白色に。毎朝コーヒーを片手に、そんな色の変化を縁側から楽しんでいます。
a0238314_17365201.jpg
一度は庭に植えていつの間にか消えてしまった都忘れですが、株を近所の方にいただいたので再挑戦。今回は家の側面のすこし湿気のある場所に植えてみたのですが、気に入ってもらえたようで元気に花を咲かせています。
花とともに雑草も伸び盛りの気温なので、朝の涼しいうちに私は草引き、夫は草刈り機で奮闘中です。

by kouribakokara | 2019-05-12 17:38 | Comments(0)

鶏、大騒ぎ

2019年5月7日火曜日

a0238314_21251463.jpg
私が最近、一番あわてたこと。それは鶏たちの大乱闘でした。
鶏小屋の顔ぶれは雌鶏が2羽、雄鶏が3羽、雛が4羽だったのですが、年上の雄鶏に1羽の若い雄鶏が戦いを挑んで死闘を繰り広げたのです。これまでずっと年長の雄鶏に従っていた若鶏は、リーダーの座を奪い取ろうとしたのかもしれません。突然始まった戦いで2羽は飛び上がって空中でぶつかり合い、噛みつき、組み合ったままボールのように地面をころがりました。辺りは飛び散った白い羽と砂ぼこり。ついには年長の雄鶏が頬のあたりから出血し、40分近く続いた戦いは若鶏の勝利で終わりました。若鶏はカチドキの声をあげ、年長の雄鶏は地面にぐったり倒れこんで降参。そしてこの争いに身体が小さくておとなしかった雛が1羽巻き込まれ、下敷きになって死んでしまいました。
突然の乱闘を止める術が私にはなく、ただおろおろしながら見ていただけ。夫は不在で、勝負がついた後に帰宅しました。小屋に様子を見に行った夫は、勝利して興奮気味の若鶏を力づくで捕まえて小さな檻に入れ隔離しました。というのも、この若鶏が奮い立つともう1羽の若鶏も加勢して年上の雄鶏を攻撃し、相手を殺すまで攻撃の手をゆるめないような異様な雰囲気になるからです。
若鶏1羽を隔離したら、鶏小屋にはいつもの静けさと平穏が戻ってきました。数日して年長の雄鶏のケガが回復し、隔離した若鶏の興奮が冷めたら、全員を一緒にして様子を見てみることにしています。
こんなことが起きるなんて予想外だったと私が言うと、夫は「雄鶏の数が多すぎるからなぁ。1羽、食うかなぁ」と。いや、それはやっぱり食えないよ~! 3羽とも卵から産まれたその日から知ってるし、ピヨピヨ言ってた頃の姿だって覚えてる。
隔離した若鶏にも、他の雄鶏たちにも「今までどおりで暮らそうよ~けんかしないでさ~」と今日も語りかけるのですが、さて、これからどうなるのやら。

by kouribakokara | 2019-05-07 21:28 | Comments(0)

畑仕事の一日

2019年5月3日金曜日

4月末はお天気が悪く、なかなか畑仕事が進まないまま5月になりました。テレビでは平成から令和に変わることをネタにした番組やニュースが繰り返され、大晦日のようにカウントダウンまで・・・谷あいの集落で日がな一日、草引きなどしていると、そんなことも山の向こう側の遠い喧騒です。
a0238314_20382722.jpg
昨日から快晴となり土壌も十分乾いたため、「今日はとにかく畑仕事!」と決め、朝から夕方まで働きました。まずは畑の畝の間の雑草抜き。ジャガイモの苗が育ってきたので、カラス除けと霜よけのために畝全体を覆っていたカバーをはずしました。それからショウガの植え付け、つづいて落花生の種まき。この種は、友人が三浦半島に借りている畑で去年収穫した落花生です。やっと背丈が伸び始めた絹さややスナップエンドウは、倒れないように紐をかけて誘引しました。密集して成長している菊菜を間引きし、去年から超マイペースで育ったビーツを収穫。その後、勢いのままに和室前の庭の草引きも。
a0238314_20383430.jpg
a0238314_20384488.jpg
夕方、畑と庭はずいぶんときれいになりました。と写真を載せても、その変化がわかるのは私だけですが、夕焼け空を眺めるときの満ち足りた気分はとてもいいものです。

by kouribakokara | 2019-05-03 20:52 | Comments(0)


海外を転々とする生活が終わりました。行李箱(中国語でスーツケース)で運んだ数々のものたちとともに暮らす日本での生活をつづります。


by kouribakokara

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体



古民家再生
公園
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

最新の記事

For the time b..
at 2019-08-19 10:20
迎え火
at 2019-08-14 08:57
毎日きゅうり
at 2019-08-06 16:13
梅雨が明けて
at 2019-07-31 15:25
菜園近況
at 2019-07-23 16:47

ライフログ


Apples Are from Kazakhstan: The Land That Disappeared


シルクロード・路上の900日―西安・ローマ1万2000キロを歩く


死の家の記録 (新潮文庫)


玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)


中央アジアを知るための60章【第2版】 (エリア・スタディーズ26)

メモ帳


http://movies.nytimes.com/2011/03/18/movies/the-gift-to-stalin-story-of-a-jewish-boy-review.html

「The Gift to Stalin」
旧ソ連体制時代のカザフスタンの片田舎での出来事を描いた映画。背景に映し出されるステップの四季がとてもきれい。

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧